MIKA POSA


MIKA POSA 公式HP http://www.mikaposa.com   ブログの記事および写真の無断転用・転載はお控え下さい。
by mikaposa
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事

800番への旅

先月後半から続いていた怒濤の撮影が一段落してきたので、
読みたかった本を読みました。

先月、「あのひとの本棚。」で紹介した児童書
『クローディアの秘密』の作者、E.L.カニグズバーグさんの
『800番への旅』です。

本当は寝る前に読むつもりが、気づいたら眠ってしまって
いたので(笑)、朝起きてすぐに、ちょっとさわりだけ
と思ってページをめくったのですが、あまりに興味深くて
あっという間に読み終わってしまいました。

そして、びっくりしました。こんな児童書があるんだって。

舞台はアメリカ。主人公は12歳の男の子。
彼の両親は離婚していて、男の子は普段、お母さんと暮らして
いるのですが、夏の間、お父さんと旅をすることになるんです。
ラクダを連れたお父さんと!

私は、『800番への旅』というタイトルが気になって、
この本を手にしたのですが、ラクダが登場することにも
すごく興味をそそられました。だって、アメリカですよ!(笑)

ラクダのことはさておき、この本は、「世の中の現実」を
まっすぐに描いた稀な作品だと思いました。
こういう本が、きちんと出版され、翻訳されて、多くの人が
読めるのは、とても心強いですね。

カニグズバーグさんは、ドラマティックな内容でも
過剰な脚色はせず、サラリと書いているのですが、
それがかえって、読後の印象を深めている気がします。
感情を大切にしながらも、読者がきちんと受け止められるように
論理立った構成になっているのは、.カニグズバーグさんが
科学の先生だったことも、関係しているかもしれないですね。

この夏は、まだ読んでいないE.L.カニグズバーグさんの本を
読破することになりそうです。

b0164803_113165.jpg

[PR]
by mikaposa | 2009-07-20 11:31 |
ライフログ
検索
ブログジャンル