MIKA POSA


MIKA POSA 公式HP http://www.mikaposa.com   ブログの記事および写真の無断転用・転載はお控え下さい。
by mikaposa
プロフィールを見る
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事

科学探査船、タラ号!!

先日、東京湾に寄港していた

フランスの科学探査船タラ号に乗船してきました!


タラ号は、2003年から

アニエスベーさんがサポートしている科学探査船で、

北極から太平洋まで世界中の海を航海し、

気候変動や海洋環境に関して調査、研究をしています。

b0164803_17420406.jpg
b0164803_17421229.jpg


現在は「タラ号太平洋プロジェクト」として

太平洋を航行しながら、サンゴ礁などの状態を調査中で、

その一環で日本への寄港となりました。



タラ号の活動については

以前から関心を持っていましたが、

実際に乗船するのは初めてだったので、

とても興奮してしまいました!(笑)

やはり、百聞は一見に如かずですね。

船員さん手作りの

おいしいスイーツも頂きました♪

b0164803_17424601.jpg


船内見学に加え、

研究者の方々から海洋環境についての

講義も受けたのですが、

海洋汚染の深刻さを改め感じました。


サンゴは、海洋酸性化の影響を受けて白化が進んでおり、

このままでは、近い将来、世界の海からサンゴ礁が

消えてしまう可能性があると知り、衝撃を受けました。

b0164803_17414533.jpg
b0164803_17413745.jpg


海洋汚染の原因のひとつは、

私たちが出すゴミが大きく関わっています。


自然界のバクテリアが、レジ袋1枚を分解するには、

100年~400年もかかるそうですから、

有害なゴミが、自然に消えてなくなることは

無いも同然です。


私たちが、なにげなく出しているプラスチックゴミは

海に流れて、有害物質を吸収しながら浮遊しているそうです。

その有害なゴミをプランクトンが食べ、

プランクトンを食べた魚や貝を

私たちが食べているのです。


そう考えると、できるだけゴミを出さないようにすることが、

安心な生活と健康、そして地球を守るために、

私たちが、すぐにできる取り組みだと思います。



期せずして、

拙著「フランス人の部屋にはゴミ箱がない」で紹介した

フランス人のゴミを出さない暮らし方と

タラ号の取り組みは通じるところがあり、

フランス人の環境問題に対する真摯な姿勢と行動力について

改めて考えさせられました。



私も、なるべくプラスチックゴミを出さないなど、

できることから取り組んでいきたいなと思っています。



b0164803_17410047.jpg


[PR]
by mikaposa | 2017-03-25 17:47 | パリ
ライフログ
検索
ブログジャンル